特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

株式会社 せきしん

創業以来、豚肉は固定の農場から枝肉仕入れをして、生産者の顔が見えるお肉を提供している。実際に15年程前までは、直接生産農家から仕入れをしていたそうだ。 現在は野田にと畜場があることから、新鮮で安全なハーブ豚・SPF豚肉及び内臓を仕入れ提供している。精度の高い管理技術で、正常な腸内細菌叢の生成と順調な発育を促し、臭みがなく軟らかくて美味しいと言われるSPF豚。 内臓類はショーケースに出すと鮮度が落ちてしまうので、極力店頭ではなく、バックヤードに置いて管理販売している。「他とは味が違う」と言って、このモツを目的に訪れるお客様もいる。 牛肉は近隣地区にこだわり、茨城県の常陸牛を中心に店頭に並べている。鶏肉も近隣の柏にある処理場から地養鶏を仕入れている。 目玉商品の「肉だんご」の他に、おすすめ商品として「のだ紫(もろみ)コロッケ」を去年10月より販売している。肉屋流のじゃがいもコロッケにもろみを入れ、その香りをほのかに残しつつ、じゃがいもの味を引き立たせた絶品コロッケ。野田の名産を創りたいという思いから店主が開発・販売に至った。 基本的に惣菜は手作りにこだわり、商品のほとんどが自家製加工品である。最近はこれらの揚げ物を目当てに、遠方からわざわざ車で来店する方も増えている。 以前は近隣に八百屋やスーパー、電気屋、酒屋等があったが、時代と共に減ってしまった。肉屋に関しても小売だけで商売している店はほとんど無くなった。後継者の問題もあり、残っているのは卸主体の店だけ。販路として店頭売りは約20%程度なのだが、決して手を抜く事はしない。


株式会社 せきしん
代表 関田 憲司
千葉県野田市清水655-2
TEL 04(7122)4129
FAX 04(7123)4411



店舗写真

●立地・沿革
東武野田線愛宕駅より徒歩10分。
商業地からはやや離れた印象。住宅街の一角ではあるが、駐車場多数有り。


●.店舗の沿革・歴史
昭和43年創業。
平成21年、株式会社設立。



●主な客層・販路
主な客層は30代〜70代。男女比は女性客70%、男性客30%。
職業別では専業主婦70%、勤め人20%、学生・飲食店10%となっている。
販路は店頭売りが20%、配達・納めが70%。



●品揃え
生鮮牛肉は主に常陸牛を中心に、6アイテム。生鮮豚肉はS.P.F豚、18アイテム。
生鮮鶏肉は地養鶏、4アイテム。その他、馬肉1アイテム。惣菜は焼豚・ローストビーフ・メンチ・コロッケ等24アイテム。
売上数上位は1位肉団子、2位メンチカツ、 3位豚肉。


●販促PR等
手作りにこだわった逸品『肉だんご』。
ほとんどを自家製で仕上げている惣菜の中でも一押し。遠方よりわざわざ買いにくるお客様もいる程に大好評。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)