特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

有限会社 サンビーム食品

 土日祝日ともなれば行列のできる肉屋。その理由はブランドに特化された「十勝和牛」や、北海道産飼料米で育てた千歳産の「う米豚」。帯広の枝肉市場から直接一頭買いで競り落としてくるため、価格は安く、鮮度は格段に良い。 北海道では牛肉が食肉として流通するようになったのは近代になってからという。そんな風土の中で先代は「北海道で牛肉文化がもっと育つように」と牛肉文化の拡大に尽力した。札幌の肉業界で一目置かれる存在だった先代の跡を継ぎ、老舗の暖簾を受けた二代目 神田勝則氏。 店頭には、作業場で切り落としたばかりの部位が冷蔵ショーケースに。見事な脂肪の入った霜降り肉が鮮やかに並ぶ。黒毛和牛の旨味の本質は、やはり脂肪の差し込んだ霜降りにあるという。 「牛肉はあえてA4にこだわっています」と神田氏。A5まで上げると高価になりすぎて客層が変わってしまうそうだ。 「薄利多売という訳ではないがそこそこ儲かればいい。長いスパンではやはり正直にやらないと商売は絶対に難しい。まだ自分も30幾年位だけど、それは肌で感じているし、先代から教わった話だから」と先代の志を引き継いでいる。 店舗の定休日は週2日。一頭買いをしているので、各部位の肉を切り落とす仕込作業のため、とても販売に追いつけないそうだ。定休日にも社員は作業を続けて、商品を確保しているのである。 自家製加工品として、昨年からヒット商品の『味付豚ジンギスカン』こそあるが、惣菜類は販売していない。それは鮮度の良い牛肉をできるだけ安くお客様に提供することに専念するからとのこと。



有限会社 サンビーム食品
代表 神田 勝則
北海道札幌市豊平区美園2条6-4-7
TEL 011(822)5150
FAX 011(831)4129

店舗写真

●立地・沿革
 地下鉄東豊線美園駅から徒歩5分。
 国道36号線そば、美園国道商店街。
 駐車場無し。


●.店舗の沿革・歴史
 昭和36年に先代・太田久義氏が太田商店として創業。
 昭和58年法人化と同時に、社名をサンビーム食品に変更。
 平成20年、神田勝則氏が代表取締役に就任。



●主な客層・販路
 年齢層は20代〜70代。
 男女別では女性客60%、男性客40%。
 職業別では専業主婦50%、勤め人30%、
 学生・飲食店20%となっている。
 店頭売り約60%、配達・納め約40%。
 対面・計量販売・パック販売。



●品揃え
 「北海道に牛の食肉文化を普及させたい」との店の方針があり、生鮮牛肉は十勝和牛 A4、30アイテム。
生鮮豚肉は千歳産・う米豚、12アイテム。
生鮮鶏肉は岩手産・赤鳥、4アイテム。
その他ニュージーランド産・生ラム。
自家製加工品は、昨年より始めた味付豚 ジンギスカンが好評。


●販促PR等
 看板商品『十勝和牛A4』
お客様一人ひとりの要望に対応した カットで提供しています。
昨年からのヒット商品『味付豚ジンギスカン』も好評。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)