特集 :  全国のお肉屋さん紹介

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

株式会社 肉の旭屋

 メインブランドの「米沢牛」は、米沢食肉公社の枝肉市場で店主自ら直接仕入れることにより、品質と鮮度を安定させ利益率を確保している。代々受け継がれてきた目利きの技で、格付けだけには頼らない確かな自信を持っている。米沢でも直接の買参権をもつ肉屋は数少ない。牛肉の安心の証明ができるのは、1頭単位で仕入れるからこそ。 衛生面にもこだわっている。夜間はオゾン発生機を使って冷蔵庫・調理場・惣菜調理場を3時間程殺菌。オゾン水も使用している。それも全ては消費者へ安全・安心な牛肉を提供するため。 目玉商品は、テレビなどでも紹介されている『米沢牛コロッケ』は、平成元年頃から利益度外視の1個52円で販売。これだけを目当てに来るお客さんもいる。他にも注文を受けてから調理し、あつあつの状態で提供する「あつあつワンコイン弁当」や、「特製オードブル」なども。 「なんとかやっていけるのは米沢牛というブランドがあるから」と店主の山口正彦氏。米沢牛は相場に左右されにくいので市場で高値安定である。「だからこそ生産者のためにそれなりの値段で買ってあげたい。また、消費者側にもできるだけリーズナブルな値段で出すようにしている。」と語った。 旧店舗は駐車スペースが狭く、お客様から止めづらいとの苦情もあり、平成18年に現在の場所へ移転。駐車場を広くし、第2駐車場まで含めると30台ほどが駐車できるのは大きなメリットだ。 そして、旧店舗は赤湯温泉街内に位置する立地を活かし、食事処「食楽亭」を開店。老舗肉屋直営ならではの価格と味にこだわり営業している。メニューも豊富で「名物ランチ」や「米沢牛のすき焼き」等を用意。。


株式会社 肉の旭屋
代表 山口 正彦
山形県南陽市三間通367-1
TEL 0238(43)2639
FAX 0238(43)2015



店舗写真

●立地・沿革
 山形新幹線赤湯駅より徒歩15分。
郊外型の店舗。国道沿いではないが、小国街道・羽州街道にも近く、駐車場が多いので車で入りやすい。


●.店舗の沿革・歴史
 昭和42年、山口昭吉氏が創業。
平成9年、山口正彦氏を代表に選任。
平成18年、旧店舗を飲食店として残し、現住所に新店舗として移転。



●主な客層・販路
 年齢層は20代〜60代。
男女別では女性客60%、男性客40%。
職業別では専業主婦40%、勤め人60%。
店頭売り約50%、配達・納めが約40%、その他約10%となっている。
対面・計量販売。カット・ブロックオーダー売り



●品揃え
生鮮牛肉はメインブランドの米沢牛14アイテム、山形牛8アイテム。
生鮮豚肉が米沢豚3アイテム、県産豚12アイテム。
生鮮鶏肉が岩手産4アイテム。
その他、会津産馬刺しを取り扱っている。
自家製惣菜は米沢牛コロッケ・メンチカツ・ ハンバーグ・弁当など45アイテム。

●販促PR等
『米沢牛コロッケ』
平成元年より1個52円で販売を始めたコロッケ。米沢牛をふんだんに使用していることから大人気。1日 限定200個で1人10個まで。



店舗内・商品画像


≪ 店舗図 ≫

店舗図


≪ 地図 ≫

アクセス・地図

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)