特集 :  全国のお肉屋さん紹介

札幌三越店 肉処おおがね

札幌三越店 肉処おおがね
   代表 大金 弘武
   札幌市中央区南一条西3丁目8 ≪Map
   TEL 011(222)8312   FAX 011(222)8312
    http://www.o-gane.co.jp

店舗写真

 昭和25年より札幌三越内に出店、
現在までに過去4回のリニューアル。
 牛・豚・鶏ともそれぞれ40アイテム
以上の豊富な品揃えが店の特徴となっ
ている。神戸牛や知床牛などの銘柄牛
肉が売り上げ1位を占め、黒豚や比内
地鶏などこだわり商品も良く売れてい
る。北海道で初めて比内地鶏を販売し
てから、全国の地鶏の味を知ってもら
うために少しずつ増やし、今では地鶏
の銘柄は北海道でも有数の品揃え。  最近では、ドライエージングビーフ と共に、札幌豊滝産熟成豚=ドライ エージングポークも売り出し、人気を 博している。
 客層が幅広いため催事コーナーを2 ヵ所設け、オープンケース精肉のパッ ク・加工品パックをお客様が選んで買 えるように工夫しており、若い人でも 買いやすい価格帯をおくなどの展開を している。
 お中元・お歳暮の時期には贈答品 コーナーを設け、お届け物の注文を受 けられるようになっている。
 また、毎月29日は「肉の日」として、 手書きPOPで宣伝をして、特売を組 んだりもしている。
 デパートの中にあっても、持ち帰って直ぐ食べられる総菜・加工品の比率が高くなってきており、手作り中心にした「お肉屋さんの総菜コーナー」の充実をはかるべく、オリジナル総菜の研究を常に考えているとのこと。
 「品質重視でくるお客様が多いので、ある程度高くても品質がしっかりすれば買ってくれる。商品が良くて安心・安全であるなら、値段に左右されない。」と店長の加賀さんの言葉。


●立地・沿革
札幌三越店の地下1階。
札幌市営地下鉄南北線「大通」駅より徒歩1分。


●.店舗の沿革・歴史
大正6年に大金畜産として大金 武氏によって設立。
札幌三越には昭和25年より出店、過去4回のリニューアルを実施、現在の店舗は平成13年にリニューアルのもの。


●主な客層・販路
職業別には60歳代ぐらいまでの専業主婦がもっとも多く70%、勤め人25%、飲食店5%。販路は店頭売りがほとんどで、店頭は対面・計量販売、パック・セルフ販売など。



●品揃え
生鮮牛肉は神戸牛、知床牛等、約45アイテム。生鮮豚肉は黒豚等、約50アイテム。
生鮮鶏肉は比内地鶏等、約40アイテム。
本社工場でつくる大金ハム・ソーセージは50アイテム、銘柄豚でつくる、チャーシュー、角煮等の加工品も30種に及んでいる




≪ 店舗内 ≫

店舗内・商品画像


店舗図


≪ 目玉商品 店舗内間取り ≫

アクセス・地図


掲載一覧

 全肉連は、「食肉小売機能高度化推進事業(小売機能高度化の推進)」で、全国の食肉専門小売店で食肉加工製造や惣菜等の商品開発などで経営強化に成功している事例を取りまとめました。引き続き、多くの事例を紹介してまいります。

≪掲載店舗一覧≫

  • 社団法人 全国食肉学校 〜新鮮力で即戦力、食肉のプロを養成します。
  • 一般財団法人 畜産環境整備機構
  • 新時代の食肉流通拠点・情報発信基地! 公益財団法人日本食肉流通センター
  • 公益財団法人日本食肉消費総合センターは、食肉に対しての正しい情報をお伝えいたします。
  • 一般社団法人 食肉科学技術研究所(食肉科研)は、食肉・食肉製品などの検査・研究機関です。
  • 栃木で「和豚もちぶた」を取り扱う関口肉店公式サイト
  • 社団法人 日本食肉協会  関連情報はこちら
  • 全国食肉公正取引協議会 「適正表示ステッカー」を掲示している店舗は、正しい表示をしている信頼できる店舗です。
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
  • 広告募集中
 ALL JAPAN MEAT INDUSTRY CO-OPERATIVE ASSOCIATIONS.全国食肉事業協同組合連合会

サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ ホーム

東京都港区赤坂6-13-16アジミックビル8F / TEL 03 (3582) 1241( 代)